上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2037.01.19
当ブログにアクセスいただき、有難う御座います。
このブログは、ゲーム、アニメ、絵描きを心底愛してやまない Line のブログです。
SteamIDは syuumaです。気軽にフレンド申し込みして下さい。こちら側からフレンドを送ることはあまりないかもしれません。

SteamID:syuuma
(http://steamcommunity.com/profiles/76561198000764888)

最もオンラインゲームを遊んでいる時間帯は9時~12時くらいかと思います。
もし見かけたら、声を掛けてくださると嬉しいです。

質問や意見は、日記に書いてください。なるべく早急に返答できるよう努めます。
相互リンク大歓迎です。

他人を不快にする荒らし、迷惑コメントなどする方は書き込み禁止など、こちら側で処理させていただきます。ご了承下さい。



-PCスペック-
[OS] Windows® XP Home Edition SP3
[CPU] インテル® Core™ i7-965 プロセッサー エクストリーム・エディション
[メモリー] DDR3 SDRAM 3 GB PC3-10600
[MB] インテル®X58 Express チップセット 搭載 ATX マザーボード
[GB] NVIDIA® GeForce® GTX295 1792 MB
[サウンド] オンボード
[LAN] 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T LAN
[カードリーダー] 内蔵12in1カードリーダー
[電源] 850W 電源
[ケース] ATXミドルタワー
[キーボード] Microsoft WIRED KEYBOARD 500
[マウス] Microsoft Habu Laser Gaming Mouse
スポンサーサイト
プロフィールのオンラインゲームの欄を大幅に変更しました。

FPSの欄にKllingfloorが入っていますが、これは製品版の方です。
発売日待ち遠しいワァー(*'ヮ')
何でまだ発売してないゲーム入れてるのって?
そりゃお前、ゾンビ愛好家の僕が買わないわけないじゃないの。
恐らく絶対Left4Deadよりめり込むだろう・・・L4DはZoeyが強すぎたんじゃ・・・


それとAVA,SuddenAttackはアンインストールさせていただきました。
AVAは元々そこまでのめり込んでいた訳でもなかったし、SuddenAttackは単純に僕には向かないと思ったから(前々回の日記参照。

SAのクランの方達には、本当にお世話になりました。
こんな初心者をクランに入れてくださったことを本当に感謝しています。
しかし、前々回の日記に書いてあるように、僕にはこのゲームは難しいです。
また、これからリアルでも少々忙しくなってくるので、クランページに書いてあった「週3~4日以上」というログイン率は果たせそうにありません。

そのような事を踏まえて、このゲームをアンインストールし、クランも脱退させていただきました。
今まで本当にお世話になりました。


今回書く事はこれくらいですかね?
今度はKilingFloorについて書こうかしら
最近、2ちゃんねるのSteamスレを見ることが僕の日課になっているのですが、スレ内で少し話題になっており、尚且つ僕自身も少し気になるものを二つピックアップしたいと思います。

1,バイオハザードⅤのPC版
2,KILLING FLOOR製品版が5/15に販売


何分僕は忘れっぽいので、僕の記憶の中からオジャンする前に1について書いておきましょう。
2については既に予約しているので(多分忘れないだろうし)後日書きたいと思います。


しかし・・・1~4に引き続き、遂に5もPC版ですか・・・
Xbox360、PS3という次世代機向けに作られたゲームであるが故に、PC版となるとかなりのマシンスペックが求められそうですね・・・
バイオ4のPC版のようにキーボード操作にした場合、視点移動は矢印キーで行うのではなく、従来のFPSの様にキーボード+マウスで満足なプレイができるのかもかなり不安です。
後、できれば5ボタンマウスとかにも対応してくれると嬉しいですね。

グラフィックの部分もかなり気になります。
4gamerに書いてあるように

・ジャングルのような自然な地形における,遮蔽や起伏に基づく当たり判定を行う
・NPCのAIが,周囲の地形を自動的に判断して仲間と連携する
・プレイヤーのアクションに対するリアクションの設定を行って,見た目だけでなく,ゲーム性に結びつくリアリティを表現する
・物理シミュレーションとAIを,同時に,リアルタイムで処理する
・爆発で吹き飛ばされる人など,物理挙動を考慮に入れたモーションを作成する
・プロシージャルによるデータ生成を行う

のようなことを導入するとなるとやはりこのグラの劣化はありえる話でしょうか・・・?

4damerの記事はこちら→《http://www.4gamer.net/games/049/G004973/20090501087/》

僕としては劣化させるのではなく、例えハイスペックが要されても良いのでコンシューマ版と同じ位のグラにして欲しいです。
どの道あえてPC版で買おうとする人なんて、それなりの性能のパソコン持ってる人ばかりだと思いますし。

後、http://gs.inside-games.jp/news/186/18664.html様で紹介されている「GeForce 3D vision」がとても気になりますね。
何でもこの GeForce 3D vision 付属されているゴーグルを掛けると3Dに見えるらしいです。
バイオハザードを3D・・・PC版という事もあって当然部位欠損はあるだろうから、僕には向かないかもしれない・・・



そして最後に気になるのが、値段。
バイオ4の値段は正直ありえんかった。金が無いわけじゃないが高すぎだろうと。

>PC版は、海外のデジタルディストリビューションサービス(Steam、Direct2Drive?)でも販売されるとのことです。

掲載元は、先ほど Geforce 3D vision について記述する時に紹介させていただいた
《http://gs.inside-games.jp/news/186/18664.html》様。

Steamで日本円で言う5千円以上のゲームなんてまずありません。ましてや日本のコンシューマーゲームの一般的な6千円越えなんて値段、何かのパックでもない限り買う人なんて出てこないでしょう。
買うとすれば、それはよほどの資本家か、かなり物好きなホラーゲーマーくらいです。

もしPC版、それもSteamで発売するとなるのならば、周りのゲーム達の値札を見てから検討してほしいですね。


ちなみにPC版バイオハザード4は日本では6,090円で発売されていましたが、海外では$20という値段でした。

いやはや、ついこの前から日記を書こうと何度もFC2ブログ管理画面に言っているのですが、新しく記事を書くを選択すると「ページを表示できません」の連続で全く手もつけられませんでした。。。
今回は何とか繋げるようになったので、その間に書いておこうかと思います。


早速ですが、日記をご覧になっている方の一部には、タイトルから漂ってくるおかしい匂いが感じるかもしれません。

『何故に「SUDDEN ATTACK」?』
『特に書くこともないのでカテゴリからSAを削除って言ったじゃない!』


そう思っておられる方も少なくないでしょう。いやむしろ多いはず。

SUDDEN ATTACKというカテゴリが出来た理由を簡単に説明するならば、書くことができたからです。
そしてそれをもっと掘り下げて言うなら、「サドンアタックのチャットについて」書く必要があったから。



本日、久々にサドンアタックをプレイしました。

日記を書くきっかけができたマップは金閣寺。奪取戦です。
青側にJoinした僕は、どこからどう敵が襲ってくるか、もう殆ど覚えていません。
当然前線を切るわけにもいかず、後方でM16を構えながらうろつくばかり。

「こんな銃でそう言えるのか」と聞かれると「さぁ」としか言えませんが、俗に言う後方支援です。


後方支援という事は、必然的に行動(生存)している時間が前線のプレイヤーより長くなる場面が増えるわけです。

そして僕は、FPSの野鯖と言えばカウンターストライクばかりしているわけで、チャットを打つなんて死亡時くらいしかしたことがありません。

それ(戦闘中はチャットを使えない事)に咥え、只でさえカウンターストライクより奇襲のできる箇所が多いマップが大半のサドンアタックです。

生存している間は、例え野鯖であろうと文字を打つ暇があるなら動くのが初心者の僕の考え方です。

だって「チャット死したwwww」なんてカウンターストライクじゃ「はぁ?ボイスチャット使えないの?」ですよ?

そんなこんなで必死に戦っておりましたが、虚しくも見事に敵のAKに頭を吹っ飛ばされ死亡。


AK強いなぁなどと思いながら、ふとチャットを見ると

同じクランメンバーから
「いいかげんにしろ」
と。

しかも僕宛に。

何か迷惑行為でもしちゃったかな・・・と思っていると、どうやらチャットを見逃していたらしいです。



驚きました。






確かに悪いのはチャットを見逃した僕かもしれない。


ですが、今まで様々なオンラインゲームをやってきた中、チャットを見逃したぐらいで
「いいかげんにしろ」
と言われたのはこのゲームが初めてですね。

サドンアタックより遙かにチャットが必要なFEZでもこんなこと言われた事がありませんでした。




その後
「戦っていてチャットできなかった」
と返事をすると



別のメンバーから
「いつまで戦ってんだよ」
と。



自分の目を疑いました。





チャットの内容は、クラン戦に参加するかどうかだったらしいです。
これって必死で戦闘をしている中、どうしてもチャットウィンドウを開いて返事を返さなければいけない内容ですかね?


とてもそうとは思えません。

僕なら、少なくともクラン戦に誘っているのに返事が来ない場合は、「今取り込み中なのかな」とか「今手が離せないのかな」ぐらいは考えますね。
そして、返事が来ないのであれば「○○さん返事来ないから○人で始めちゃうねー」ぐらいの言葉をかけますね。


サドンアタックは「戦闘中にチャットができる技術」というモノが必要なのでしょうか?


この質問は煽りや挑発などではありません。本当に知りたいのです。


この技術が必要なのであれば、本当に申し訳ないが、そんな高度な技術は今の僕にはできない。
コンマ一秒が求められる「FPS」というゲームで、一々静止して、銃を撃つこともできず、しゃがむ事もできない、「チャット」という技術なんて使える程僕は余裕を持ったプレイはできない。

そんな事もできないお前はおかしいと思うのなら、実際に僕が最も馴染んでいて、最も長くやっているカウンターストライクを買って、野鯖のリスポーンタイム0のデスマッチ鯖などでやってみて欲しい。




チャットウィンドウを開いて
「こんばんわ」
と入力し、エンターを押すまでが、どれほど長いか。



また、そうやっている間にどれだけ行動ができるか。






もしそれが苦に感じないのなら、純粋に「すごい」と言いたい。






そしてこの技術が必要無いならば、
「そのような言葉を投げかけられた側の気持ち」
というものも考えていただきたい。




「まさかこんな発言で傷つくわけないだろ」
とでも思っていたのか。


はたまた冗談のつもりで言っていたのか。





「相手が常時チャットを打てる状態だと思っているのか?」
と問いたい。






僕はモラルやマナーを押し付けるつもりはありません。


ですが、社会には「物も言い様で角が立つ」ということわざがあることを知っておいていただきたい。


たかが数行マクロを連発しただけでチャットウィンドウがいっぱいになり、部屋を移動しただけでログがオールクリアされ、オマケに流されてしまったログを即座に読むこともできない様なゲームで、一度チャットログを見逃しただけでこの様な発言が出てくるのは、僕は正しい行いとは決して思えません。

ログを見なかった自分にも原因はありますが、エンターを押す前にもう少し考えてから発言していただきたい。


お久しぶりの更新です。
今回は、新たに買ったマイク「ECM-PC50」とヘッドフォン「HP-RX700」を少し紹介したいと思います。

まずはマイクから。
アマゾンでレビューを見て注文したのですが、やはりサイズに驚きます
Image125.jpg
画像の赤い線で囲ってある物がそれなのですが、この通り非常に小さいです。
しかし、音質もよく、値段の割にはとてもクリアに声が聞こえます。
小さいので、結構口を近づけて話さないといけないのではないかという心配もありません。
かなり広範囲の音を録音してくれるので、普段どおりに話していても全く問題ありませんし、スタンドから取り外すことだってできます。


ただ一つ気に入らなかった点は、コードが細い。
本当に細いので、耐久性が心配なところです。


まぁ僕の以前使っていたマイクがMS-STM88SVというのもあるかもしれませんが、僕にとっては良いマイクではないかと思いますよ。
いやーね、店員に進められて買ってみればあの様っすよ。




さて次はヘッドフォン。
つい最近、急に以前使っていたヘッドフォンが壊れてしまい、急いで別のヘッドフォンを買わなければ・・・と探していた所、こんなものが目に留まりました。

SS500.jpg
「Victor オーディオ用(インドア)ヘッドホン[HP-RX700]」


デザインは僕好み。値段も問題なし。では最後、性能は・・・と重い、某通販サイトやら2ちゃんやら色々うろついてみると、結構よろしい様で。

そして注文してみたのですが、届いて中身を確認するとその大きさに驚愕。

デカイです。結構デカイです。主にハウジングパッドが。
レビューにも書いてあるのですが、小休止などで首にヘッドフォンを掛けるとあまりの大きさにハウジングパッドがあごにぶつかってしまいます。
しかしまぁ、そこは「きちんと置きなさいよ」という事で、首に掛けるような時があれば「やべぇサイバー全身タイツのあごの部分ってこんな感じじゃね」とごまかしております。えぇ、高校生が電車に轢かれたと思ったらいきなりゲームが始まるという某漫画ですよ。

そして一番重要な性能なのですが、これはもうこの値段のヘッドフォンの中では一歩抜きん出ている存在なのではないでしょうか。
一度Left4Deadのオープニングを視聴したのですが、まるで映画館で上映されているかのようなド迫力な音質でした。ショットガンの発砲音が以前のヘッドフォン(EHP-CL430)と全く違う音になっていたのが驚きです。
その他、良く聴く歌等を聴いてみたのですが、やはり素晴らしい音質です。




いやはや、全くをもっていい買い物をしました。ハイ。


そして、何だかやっとボイスチャットも出来るようになったようなので、以前やっていたラジオもそろそろ復活しようかなと思っているところです。
Left4Deadでも、ボイスチャットを使っている方を見つけたら一緒にワイワイ楽しくやりたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。